ホーム>ネットでビザ(e-VISA)を取得する

ネットでカンボジアのビザ(e-VISA)を取得する

 

日本を出発する前に、オンラインで気軽にカンボジア観光ビザ(e-VISA)を取得することが可能です。

 

e-VISAのサイトはこちらから

基本的に日本語で表記されているサイトですが、申請を進めていくと(ページを進めていくと)英語が基本となります。サイト自体も非常に不安定で、正常に申請が終わっても、e-VISAが送られてこないときがあったりします。ややハードルが高い印象もありますが、大使館へ行って申請するより、料金も安くオススメです。

 

偽サイトにご注意!

カンボジア大使館のWEBサイトにも記載されていますが、偽サイトが存在しているようです。注意してくださいね。

 

旅の思い出が半減するかも

e-VISAは、登録したメールアドレスにPDFが送られてきます。そのPDFをプリントアウトして持っていくことになるのですが、その他の申請方法だと、パスポートにビザが貼られます。せっかくのカンボジア旅行なので、パスポートにビザが貼られたほうがいいなあ…と管理人は思います。

 

入国審査は「e-VISA」の表記のあるレーンで

e-VISAを取得して入国する際には、「e-VISA」のステッカーが貼ってあるレーンに並びましょう。表示のないレーンに並ぶと、自分の番まで散々待たされた挙げ句、「あっちに行け!」と言われてしまいます(笑)

 

e-VISAを忘れてしまった!

せっかく取得したe-VISAを日本に忘れてきてしまった!

そんなときは、e-VISAの表示があるカウンターで、パスポートを出したうえで、e-VISAを忘れたことをなんとかして伝えましょう。そうすれば、データベースをチェックしてくれて、確認できれば、入国することができます。

 

e-VISAはパスポートといっしょに

e-VISAは、入国審査のときに必要です。パスポートといっしょに持っているようにしましょう。受託手荷物で預けるスーツケースに入れてしまうと、入国審査のときにe-VISAを提示することができません。(スーツケースを受け取るのは入国審査後ですので)

万が一、スーツケースに入れてしまったときは、忘れてしまったとき同様、なんとかして入国審査官に伝えましょう。

 

【サイト管理人オススメ!】

格安航空券を探すなら、DeNAトラベルがオススメ!予約金だけで出発間際まで海外格安航空券の座席をキープできるのがうれしい!

最短で出発前日14時まで直前予約OKだから、きょう思い立って、明日、カンボジアへ旅立てるかも?!

【サイト管理人オススメ!】

テレビCMでも話題!世界中8000万人が利用するホテル検索サイト!

楽天トラベルや、JTB、るるぶトラベル、エクスペディアなど国内外250社以上の旅行サイトが提供する80万軒以上のホテル宿泊プランを一度に比較、最安値の宿泊プランを検索できます。


【姉妹サイト】カンボジアで起業!カンボジア法人登記・設立ガイド


注目のカンボジアで起業したい!そんな方のために、カンボジアでの法人登記・法人設立についてまとめました。サイト管理人の経験にもとづき、より実践的な内容を紹介しています。ぜひご覧ください!

【姉妹サイト】高金利のカンボジアで銀行口座開設


旅行者でも簡単!高金利が続くカンボジアに銀行口座を開設して、ドル建て定期預金。オススメの銀行や手続き方法をまとめました。ぜひご覧ください。